裏技・攻略法

USJの子連れの持ち物・持ち込み禁止

投稿日:

子ども連れでUSJに行くとき、持っていくと便利な物についてまとめてみました。

おすすめ持ち物リスト、水濡れ対策グッズ、暑さ・寒さ対策グッズ、待ち時間に持っていると便利な物、持ち込み禁止のもの、手荷物検査はあるのか、USJの近くで購入できるもの・・について紹介します。

 

子連れで持っていくと便利なものリスト

現金  スタジオパス  SDカード  モバイルバッテリー   歩きやすい靴orサンダル  こどもの着替え   大人の着替え   カッパorポンチョ   ジップロックの袋 ゴミ袋   タオル   レジャシート            クッション   ひざ掛け毛布       カイロ   日焼け止め   帽子 うちわ  折り畳み傘   水筒   ポップコーンバケット   赤ちゃんのお菓子   離乳食    スマホ    絵本やゲーム    カメラ   サイン帳   マジック    双眼鏡 除菌ティッシュ 絆創膏    紙おむつ   ベビーカー   抱っこひも  双眼鏡 おみやげをいれるための袋

 

スポンサーリンク

忘れやすい持ち物 リスト

ついつい忘れてしまいがちなものリストがこちら

現金  スタジオパス  SDカード  モバイルバッテリー

 

USJの中はクレジットカードや電子マネーも使えます。ただし、楽天カードは、頻繁に不正使用されることが多く、USJで使おうと思うとロックがかかる時があります。管理人も何度かかかって困りました。

ロックがかかった場合は、本人が楽天カードに電話すれば解除できますが、それ以外のカード現金を持っていたほうが安心。

ATMは、パーク内に2ヶ所(イオン銀行、三井住友銀行)、パーク外に2ヶ所(イオン銀行)があります。

いくら持っていっていいかについては、こちらをご参考に→USJの予算は?

 

忘れがちなのは、スタジオ・パス年パス。もちろん、当日購入もできますが、チケットを購入するためだけに入り口で30分以上並ぶのは、時間の無駄です。

スタジオパスはあらかじめ、オンラインやコンビニで購入できます。購入したパスを持ってくるのをお忘れなく。年パスの場合は、手数料200円で再発行手続きができます。詳しくはこちら→USJの年パス

 

たくさん写真を撮りたいとカメラを持っていく人も多いでしょう。カメラの中にバッテリーSDカードは入っていますか?SDカードは、USJのお土産ショップなどでも販売していますが、非常に高いので、忘れないようにしましょう。

SDカードは、ユニバーサルシティウォークの中のエディオンなら安く販売しています。ただしお店のオープン時間が遅いので、やはり時間の無駄になります。

USJ内では、アプリをつかって移動したり、待ち時間にスマホでゲームなどをしているとあっという間に電源を消費してしまいます。電源がなくなってしまったら、エクスプレスパスなどスマホで表示している人は、できなくなりますので、モバイルバッテリーもお忘れなく!!

 

USJに持っていくと役立つ 水濡れ対策グッズ

 

歩きやすい靴orサンダル  こどもの着替え   大人の着替え   カッパorポンチョ   ジップロックの袋 ゴミ袋   タオル   レジャシート

 

水濡れがひどいです。ジュラシックパーク、ウォーターワールド、夏の水濡れパレードは、参加するなら着替えはもっていきましょう。

特にジュラシックパークは、急流下りですが、ふつうの遊園地にある急流下りとちがって、座る位置によって前だけが濡れるというものではなく、どの席でも結構びっしょりぬれます。

そもそも、乗る船がまわってきた時に、すでに椅子がびしょびしょで座るだけでパンツの着替えがいるぐらい。

真夏ならすぐに乾きますが、その他の季節は結構不快です。乗るつもりなら、ポンチョ着替えタオルは大人もこどもも持っていきましょう。

Tシャツぐらいなら買うのもありですが。

また、夏のパレード、ウォーターワールドに参加する場合、スマホ、カメラなどは水没防止のため、ジップロックにベビーカーやその他の大きな荷物はゴミ袋に入れた方が安心です。

また大きな荷物には、大きなレジャーシートをかぶせておくというのも手です。

 

靴が濡れるほどのショーに参加するなら、サンダルを!ずっとサンダルは歩きにくいので、歩きやすい靴サンダル両方持っていくのがおすすめです。

雨の日は傘ではなく、レインコートがかなり便利です。というのも、雨の日ってすいています。外のアトラクションは雨でも動いていることもあり、レインコート(またはポンチョ)を着て乗ることができます。

行ってから買うという人はこちら⇒USJで買えるレインコートの種類と値段

傘をさしたままはのれませんので、レインコートは持っていきましょう。ガラガラの中、並ばずに次々乗れますよ。ユニバーサルシティウォーク大阪にあるコンビニでも簡易のレインコートが売っています。

 

USJに持っていくと役立つ 暑さ・寒さ対策グッズ

 

クッション   ひざ掛け毛布       カイロ   日焼け止め   帽子 うちわ  折り畳み傘   水筒

USJのある大阪は夏暑く、海に近いため、冬寒いです。

夏の暑さは36度、37度ぐらいまで上昇します。地面がアスファルトのところは照りかえしも強く、それ以上の体感温度になることも。

暑さ対策は万全に。帽子は必須水筒は持ち込んでもいいので、水分補給はこまめにしましょう。

mizu1

水筒にどのぐらいお茶をもっていけば足りますかという質問がありましたが、

パーク内には、水のみ場もありますし、

usj201505191

自動販売機もあります。

 

水筒は持ち込み可能ですが、外で買ってきたペットボトルは原則持ち込み禁止です。

ちなみに、お値段は、500mlが200円280mlが150円

2015年5月現在販売していたのは

コカ・コーラ  アクエリアス 爽健美茶 コカコーラカロリーオフ Qoo(クー)  ファンタグレープ 綾鷹(ホット) 紅茶花伝 ホットミルクティ(ホット)

ペットボトルはカートで買っても200円、ストラップ付だと500円です。お値段高め。

usj201505198

アニメセレブレーションの入口前には冷たいミストシャワーが。下にベンチもあるので、こちらでぜひ休憩を!海の近くで紫外線も強いです。日焼け止めやサングラス、うちわ、もあるといいでしょう。

逆に冬は、外のショーはめちゃくちゃ寒いので、ざぶとんまたはクッション、ひざ掛け毛布、マフラー、カイロ、みみあて、他寒さ対策は暑さ対策以上にやってください。

 

USJに持っていくと役立つ こどもの待ち時間対策グッズ

 

ポップコーンバケット   赤ちゃんのお菓子   離乳食    スマホ    絵本やゲーム    カメラ   サイン帳   マジック

待ち時間が長くなりますので、待っている間に退屈しないよう、こどもに絵本、DSなどゲームを持たせているファミリーが多いです。

USJは、混雑している日が多く、中で売っているものも限りがあります。

USJでは、原則、食べ物、飲み物の持ち込み禁止です。

ただし、小さい子の離乳食、アレルギーがある子の食べ物持ち込み可能です。

usj2015cool3

離乳食は、スヌーピーのレストランでも売っていますが、和食、洋食の2種類のみ。種類が少ないため、自分で持ってきたほうがいいと思います。

あたためてもらうこともできます。

ミルクのためのお湯はもらえますが、哺乳瓶をしっかり、洗浄できるところはないので、替えの哺乳瓶も。

小さい子のための赤ちゃんせんべいなどのお菓子も大丈夫です。

小さい赤ちゃん以外は、USJでポップコーンを食べると時間がつぶせて、レストランに思うように入れないときにも便利。ポップコーンの入れ物(ポップコーンバケット)は一つ買うと、中身だけおかわり購入できるので、次回からは持っていくと節約できます。

バケットなしの紙カップ入りでも購入できますが、子連れはフタがしまるバケットが便利です。

>>USJポップコーンバケツの種類と値段

 

スマホがあれば、USJアプリをあらかじめダウンロードしておくと、場所場所によって背景がちがう写真とって遊べます。

キャラクターに会ったら、サインをもらうことができます。サイン帳(ノートなど)とサインペン(太くて持ちやすいもの)を持っているとより楽しめます。

 

USJで持ち込み禁止・ピクニックエリアについて

USJは食べ物の持ち込みが禁止です。ディズニーランドも食べ物の持ち込みが禁止ですが、違うところは、年パス保持者以外は再入場ができないということ。

ディズニーの場合、いったん外へ出て、ピクニックエリアでお弁当食べてくださいっていうスタンス。ちなみにUSJにもピクニックエリアはあります

usj2015springh272

ピクニックエリアはゲート外のこのベンチ。ゲートの外なので、いったん外にでると年パス以外は再入場できません。

ピクニックエリアは、昼前に来た人や夕方に来た人が、そこで食べてから入るエリアとなります。

 

USJで手荷物検査はあるの?

持ち込みは禁止のものはどこまで禁止なの?という疑問があるかと思います。

ディズニーでは、入り口で、かばんの中を見せてくださいという手荷物検査があることがありますが、USJでは、手荷物検査はありません。

例えば、ユニバーサルシティで購入したおにぎりなど、レジ袋むき出しで持って入ろうとすると、かばんの中に入れてくださいと言われます。

再入場が禁止なので、暗黙の了解なのか・・・はわかりませんが、そういうことです。

コンビニで購入したペットボトルなんかは、ペットボトルホルダーに入れて持ち込めば中でも注意を受けることはありません。子どもが食べるお菓子なんかも許容範囲のよう。

さすがにレジャーシートを広げて堂々とお弁当を食べている人はみかけませんが、待ち列に並びながらおにぎり食べている人は見かけますね。

ルールは原則、食べ物と水筒以外の飲み物の持ち込みは禁止です。

 

ペットは入場禁止 ケンネルに預けられます

usjsonota20150916

盲導犬以外の犬やネコなどのペットは入園できません。駐車場のKENNEL(ケンネル)(ペットの託児所)では、ペットを1日1匹3,000円で預けることができます。

ケンネルがある場所は、駐車場とゲートの間。

大型犬も対応しています。予約は不要で営業時間は9:30~20:30まで。

クレジットカードは使えません。

預ける際、身分証明書が必要となります。えさや水などはやってもらえないので、定期的に見に行く必要がありますがその場合は再入場できます。

 

その他USJに持っていくと便利なもの

 

双眼鏡 除菌ティッシュ 絆創膏    紙おむつ   ベビーカー   抱っこひも   お土産を入れる袋

ベビーカーは1000円でレンタルできますが、これも持っていくと便利。

usj2015springh213

借りるなら、ゲートを入ってすぐ右手のココ↑借りる手続きにそんなに時間はかからないので、最初に借りたほうがいいと思います。お子さんが2名いるなら2台借りることも可能。

USJは、中が海になっていて、くる~と一周回るような作りになっているので、アトラクションからアトラクションまで歩く距離が長いです。一日いると10キロを超えていたことも。

再入場できないので、いったんホテルで休むってこともできませんし、ベビーカーやだっこひもはあるならぜひ持っていきたいものです。

おむつは、中でも売っていますが、少量で高め。自宅から持っていったほうが経済的です。

子連れだと荷物が多くなりがちですが、現地で調達といってもお店を探して歩くにもレジに並ぶにも時間がかかってしまいもったいないので、なるべく持っていきましょう。

遠方からでかける場合、たまにしか使わないもの(スーツケースやカメラ)などはレンタルが安くて便利です。

 

近くで買えるもの

駅とUSJの間のショッピングモール、『ユニバーサルシティウォーク』には、レイングッズから日用品、雑貨、薬、服、こどものおむつや離乳食までいろんなお店がそろっていて、忘れたら購入することができます。

私はよく、泊まるときに、コンタクトレンズの洗浄液を忘れちゃうのですが、コンビニにも売っています。

ただし、USJは何度もいうようですが、年パス保持者でなければ再入場ができません。いったん入ってから、あれ忘れた、これ忘れた・・とUSJ内で購入するとなんでも高くついちゃいます。

忘れ物はないように、しっかりチェックして行ってくださいね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-裏技・攻略法

Copyright© こどもと行くUSJ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.