アトラクション

エルモのバブル・バブル

投稿日:

ユニバーサルワンダーランドにある、アトラクション、エルモのバブル・バブル。

エルモのバブル・バブル

エルモのバブル・バブルとは? 場所、怖さ、混雑具合とよやくのりの方法、乗ってみた感想、口コミを紹介します。

 

スポンサーリンク

エルモのバブル・バブルとは?

エルモのバブル・バブルとは?

 

エルモのバブル・バブルはユニバーサルサンダーランドにあるアトラクションです。

  • 同乗者がいれば身長制限は92センチ以上
  • 一人で乗るなら、122センチ以上
  • 所要時間:3分
  • 定員:2名(大人+子どもor 子ども+子どもor子ども1人or大人1人)
  • チャイルドスイッチ対応

前列利用は92㎝以上122㎝未満のこどものみ、122㎝以上の人は一人で後列に乗ることができます。ペットの金魚ドロシーに乗って、水の上をクルージングする屋内ライドアトラクション。

 

エルモのバブル・バブルのある場所

エルモのバブル・バブルのある場所

エルモのバブル・バブルは、ユニバーサルワンダーランドの屋内型プレイランド エルモのイマジネーションプレイランドの中にあります。

 

エルモのバブルバブルの怖さ

エルモのバブルバブルの怖さ

エルモのバブル・バブルは、水や船が怖いという子どもでも、怖い思いをせずに楽しめるアトラクションです。

2人乗りの船に、大きな揺れもなく、スピードもゆっくり、ぷかぷかと進みます。ジュラシック・パークなら下にレールがあってどう進むかは決まっていますが、こちらはレールはなく、完全に船。

 

基本的には、大人+幼児、または子どもと子どもの2人乗りになります。大人だけだと1人乗りになります。(大人一人は、あまり見かけたことはありませんが)

 

途中一ヶ所だけ、坂を下るところがありますが、これもジュラシック・パークなどとは比べものにならないほど、ほっこりしたもので、完全に幼児向けです。

同乗者がいれば身長が92センチあれば乗れるので、2歳ぐらいから乗れます。実際、そのぐらいの小さな子がパパ、ママと乗っていることが多いですね。子どもに安心して乗せてあげられるアトラクションです。

動画でも動きを確認してくださいね

(動画再生時間 33秒)

 

エルモのバブル・バブルの混雑とよやくのりの方法

エルモのゴーゴースケートボードの混雑とよやくのりの方法

エルモのバブル・バブルの待ち時間は、すいていれば30~40分以内、混雑していると70~80分、お盆ゴールデンウィークになると100分を超えるユニバーサルワンダーランドの中でも待ち時間の長いアトラクションです。

というのも、エルモのバブル・バブルは、一つの船に定員は2名。船は一周するのに3分かかり、その間に他の船は出発しません。要するに待ち列は、最短でも3分に2人しか進まないのです!

回転率の悪さNO.1。

その上、よやくのり対象のアトラクションなので、並んでいても、次から次へとよやくのりの人が横からやってきて、なかなか待ち列がすすみません。

いくら、空調のきいた室内だからといって、待ち時間が長すぎます。

できるだけというか、必ず、よやくのりを取ることをおすすめします。

よやくのりの発券所は、アビーのマジカルツリーとトイレの間の通路の奥にあります。

 

エルモのバブル・バブルに乗ってみた感想・口コミ

エルモのバブル・バブルは、ユニバーサルワンダーランドの中では、小さな子どもが楽しめるアトラクションです。

ちょっとしたスプラッシュポイントは、大人には物足りなすぎるけど、2歳、3歳には、冒険で楽しい思い出になると思います。小さいお子さんにはぜひよやくのりを取って、乗せてあげてください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




-アトラクション
-

Copyright© こどもと行くUSJ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.