USJの子連れの持ち物・持ち込み禁止

こども連れでUSJに行ったとき、持っていくと便利なものについてまとめてみました。

持ち込み禁止のものもありますので、持ち物は計画的に!

子連れで持っていくと便利なものリスト

こどもの着替え   大人の着替え   カッパorポンチョ   ジップロックの袋   タオル   除菌ティッシュ   ベビーフード   紙おむつ   ベビーカー   抱っこひも  双眼鏡   レジャシート    クッション   ひざ掛け毛布    おみやげをいれるための袋   カイロ   日焼け止め   帽子   水筒  ポップコーンバケット   赤ちゃんのお菓子   離乳食    スマホ    絵本やゲーム    カメラ   サイン帳   マジック    双眼鏡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水濡れ対策

水濡れがひどいです。ジュラシックパーク、ウォーターワールド、夏の水濡れパレードは、参加するなら着替えはもっていきましょう。

特にジュラシックパークは、急流すべりですが、ふつうの遊園地にある急流すべりとちがって、座る位置によって前だけが濡れるというものではなく、どの席でも結構びっしょりぬれます。

そもそも、乗る船がまわってきたときに、すでに椅子がびしょびしょで座るだけでパンツの着替えがいるぐらい。

真夏ならすぐに乾きますが、その他の季節は結構不快です。乗るつもりなら、ポンチョか着替え、タオルは大人もこどもも持っていきましょう。

Tシャツぐらいなら買うのもありですが。

また、夏のパレード、ウォーターワールドに参加する場合、スマホ、カメラなど水没防止のため、ジップロックにいれておいたほうが安心です。

雨の日は傘ではなく、レインコートがかなり便利です。というのも、雨の日ってすいています。外のアトラクションは雨でも動いていることもあり、その場合は、レインコート(またはポンチョ)必須。

いってから買うという人はこちら⇒USJで買えるレインコートの種類と値段

傘をさしたままはのれませんので、レインコートは持っていきましょう。ガラガラの中、並ばずに次々乗れますよ。ユニバーサルシティウォーク大阪にあるコンビニでも簡易のレインコートが売っています。

暑さ・寒さ対策

USJのある大阪は夏暑く、海に近いため、冬寒いです。

夏の暑さは36度、37度平気でなりますが、地面がアスファルトのところは照りかえしも強く、それ以上の体感温度になることも。

暑さ対策は万全に。帽子は必須。水筒は持ち込んでもいいので、水分補給はこまめにしましょう。

mizu1

水筒にどのぐらいお茶をもっていけば足りますかという質問がありましたが、

パーク内には、水のみ場もありますし、

usj201505191

自動販売機もあります。

水筒は持ち込み可能ですが、外で買ってきたペットボトルは持ち込み禁止です。

ちなみに、お値段は、500mlが200円280mlが150円

2015年5月現在販売していたのは

コカ・コーラ  アクエリアス 爽健美茶 コカコーラカロリーオフ Qoo(クー)  ファンタグレープ 綾鷹(ホット) 紅茶花伝 ホットミルクティ(ホット)

ペットボトルはカートで買っても200円、ストラップ付だと500円です。

usj201505198

アニメセレブレーションの入口前には冷たいミストシャワーが。下にベンチもあるので、こちらでぜひ休憩を!

冬の特にクリスマスの外のショーはめちゃくちゃ寒いので、ざぶとんまたはクッション、ひざ掛け毛布、マフラー、カイロ、みみあて、他寒さ対策は暑さ対策以上にやってください。

こどもの食べ物対策

usj2015cool3

小さい子の離乳食、アレルギーがある子の食べ物は持ち込み可能です。離乳食は、スヌーピーのレストランでも売っていますが、和食、洋食の2種類のみ。種類が少ないため、自分で持ってきたほうがいいと思います。

あたためてもらうこともできます。

ミルクのためのお湯はもらえますが、哺乳瓶をしっかり、洗浄できるところはないので、替えの哺乳瓶も。

小さい子のための赤ちゃんせんべいなどのお菓子も大丈夫です。

小さい赤ちゃん以外は、USJでポップコーンを食べると時間がつぶせて、レストランに思うように入れないときにも便利。ポップコーンの入れ物(ポップコーンバケット)は一つ買うと、中身だけおかわり購入できるので、次回からは持っていくと節約できます。

バケットなしの紙カップ入りでも購入できますが、子連れはフタがしまるバケットが便利です。

>>USJポップコーンバケツの種類と値段

こどもの待ち時間対策

待ち時間が長くなりますので、待っている間に退屈しないよう、こどもに絵本、DSなどゲームを持たせているファミリーが多いです。

スマホがあれば、USJアプリをあらかじめダウンロードしておくと、場所場所によって背景がちがう写真とって遊べます。

その他

キャラクターに会ったら、サインをもらうことができます。サイン帳(ノートなど)とサインペン(太くて持ちやすいもの)を持っているとより楽しめます。

ベビーカーは1000円でレンタルできますが、これもあると便利。

usj2015springh213

借りるなら、ゲートを入ってすぐ右手のココ↑借りる手続きにそんなに時間はかからないので、最初に借りたほうがいいと思います。お子さんが2名いるなら2台借りることも可能。

USJは、中が海になっていて、くる~と一周回るような作りになっているので、アトラクションからアトラクションまで歩く距離が長いです。一日いると10キロを超えていたことも。

再入場できないので、いったんホテルで休むってこともできませんし、ベビーカーはあるならぜひ持っていきたいものです。

子連れだと荷物が多くなりがちですが、現地で調達といってもお店を探して歩くにもレジに並ぶにも時間がかかってしまいもったいないので、なるべく持っていきましょう。

遠方からでかける場合、たまにしか使わないもの(スーツケースやカメラ)などはレンタルが安くて便利です。

持ち込み禁止とピクニックエリア

USJはお弁当・食べ物の持ち込みが禁止です。ディズニーランドも食べ物の持ち込みが禁止ですが、違うところは、再入場が禁止ということ。

ディズニーの場合、いったん外へでて、ピクニックエリアでお弁当食べてくださいっていうスタンスですが、USJにもピクニックエリアはあります
usj2015springh272

ピクニックエリアはゲート外のこのベンチ。ですが、いったん外にでると年パス以外は再入場できません。

ピクニックエリアは、昼前に来た人や夕方に来た人が、そこで食べてから入るエリアとなります。

ペットは入場禁止ケンネルに預けられます

usjsonota20150916

盲導犬以外の犬やネコなどのペットは入園できません。駐車場のKENNEL(ケンネル)(ペットの託児所)では、ペットを1日1匹3,000円で預けることができます。

ケンネルがある場所は、駐車場とゲートの間。

大型犬も対応しています。予約は不要で営業時間は9:30~20:30まで。

クレジットカードは使えません。

預ける際、身分証明書が必要となります。えさや水などはやってもらえないので、定期的に見に行く必要がありますがその場合は再入場できます。

近くで買えるもの

USJの最寄り駅、ユニバーサルシティ駅を降りるとすぐにコンビニがあります。お金もそこでおろせますし、家をでてから忘れたってものはこちらで。

こどものおむつや離乳食、については、ユニバーサルシティウォーク内のマツモトキヨシでも購入することができます。

私はよく、泊まるときに、コンタクトレンズの洗浄液を忘れちゃうのですが、コンビニにも売っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク