【終了】デスノート・ザ・エスケープに行ってきた感想・クチコミ・チケット入手方法

2016年夏、USJのリアル脱出ゲームにデスノートが登場。

deathnote1

開催日:2016年7月1日(金)~9月4日(日)

これまでも、バイオハザード・ザ・エスケープが行われていましたが、USJのリアル脱出ゲームはかなり面白いです。デスノート・ザ・エスケープ はスタジオパス(入場券)以外に別途有料チケットが必要です。

チケット入手方法や内容などを詳しく紹介します。

※現在 USJでデスノートのアトラクションは行われていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デスノート・ザ・エスケープに行ってきた感想

デスノート・ザ・エスケープはリアル脱出ゲームです、リアル脱出ゲームとは、制限時間内にグループで謎をとき、密室から脱出するというゲーム。SCRAPという会社が手掛けて数々の場所で開催されていますが、その中でもUSJの物はおもしろい。

というのも、過去に富士急ハイランドでやってみたことがあるのですが、成功率が限りなく0に近い脱出ゲームで2時間ほど並んだのに、入って5分で一問も解けずに強制終了ということがありました。

ジェットコースターのような爽快感が味わえれば長時間ならんだかいがあるというものですが、ただ室内でモゴモゴしているだけで終わると時間の無駄にしか感じられません。

USJのものは有料で、基本的に待ち時間は発生しません。デスノートザエスケープは開始時間から約1時間40分

その前に集合時間があるので、拘束時間は2時間ほど。その準備時間にグループ分けやタブレットの網膜認証で、個人登録をします。

これが、ネタバレになっちゃうからいえないんだけど、カギを握るんですよ~。

1グループ4~6人ぐらい。

内容としては、さくらTVの緊急特番があり、生放送中にキラからメッセージがくるという設定。私たちは、観覧席にいる見学者で、そのテレビ放送をみるところから始まります。

ちょっとした、劇があり、ストーリーが説明され、これから、わたしたちが何をすべきかを知らされます。あとはグループにわかれて謎解きをしていくのみ。

成功率は低いけれど0ではなく、謎ときはひらめきのようなものなので、小学生でも解けるものもありました。

でもバイオハザードに比べると、デスノートのほうがやや難易度が高く、小学生や中学生だけのグループでやるにはやや難しいかなと思います。

謎解きの制限時間は60分ですが、最初は簡単だから、ゆっくりではなく、最初からかなり速いスピードで解いていかないと、後の時間がなくなります。

問題はタブレットにでてきて、答えもタブレットに、ヒントもタブレットに。ということで、タブレット操作が慣れてないと難しいということもあります。

バイオハザード・ザ・エスケープの時には最終ステージ手前までほぼ8~9割の人がいけていたのに、今回、私たちは、半分ほどしかすすめなくて、すすめてないのに、まだ先のヒントがタブレットにでてきて、こんがらがりました。

参加したこどもたちは、う~ん、難しすぎてもう謎解きはいいわ~という感想。

制限時間60分になるとゲームオーバーになり、集合場所へ。

クリアできた人とも合流し、答え合わせをするので、解けないから早く終わるというのではなく、時間いっぱい楽しめます。

ネタバレになっちゃうので、いろんなことを細かくかけないはがゆさがありますが、おもしろかったのは、おもしろかったけど、やや難しくてバイオハザードのほうがおもしろかったなと思います。

小学生でも体験できるの?

デスノートには死神が登場し、一部ホラーコンテンツがふくまれますので、小学生以下は、親の同意が必要です。

小学校6年生と中学2年生の子供を連れていってみましたが、怖がってはいましたが、大丈夫でした。

一部のホラーコンテンツというのは、最初に銃声の音が大きかったり、爆発音がしたりというものと、細い通路をグルーブごとにとめられて歩くというもので、歩いている最中に、わっと驚かされるというものでした。

怖いといえば怖いですが、1時間半の間の1~2分のこと。

私もホラーは嫌いですが、謎解きがメインのアトラクションなので、そこまで怖いことはありません。

暗いところが大丈夫。銃声や光などが大丈夫、お化け屋敷も1分ならいけるのであればいけると思います。

デスノート・ザ・エスケープチケット入手方法

チケットの種類と値段

チケットは大人・こども・シニア 同額 2980円(1名)

ペアチケット(1チーム 1~2名確約) 7980円(1名または2名)

ペアチケットは、通常4人1グループのところ、他の人と一緒のグループになりたくないという人向け。1人でやりたいという人は1名でも利用できます。

チケットはウェブチケットストアで購入できます。当日券もあります。

開始時間を選択して購入。体験時間の30~40分前に集合で、その30分の間に、グループ分け、タブレットやマップなどが配布され準備時間になっていますがその準備のための部屋が異常に寒いので、あまり早くいくと凍えてしまうかも。上着をもっていくことをおすすめします。

余裕をもっていける時間に予約してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク